No Tags | blog · topics

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

本日6月16日は、和菓子の日ってご存知でしたか?

それは嘉祥菓子から由来します。

嘉祥菓子は、平安時代に仁明天皇が 嘉祥元年,神託に基づいて6月16日に16の数に因んだ菓子を供え、疫病除けを祈ったと伝えられています。

嘉祥菓子については、誠文堂新光社刊、浜裕子著「和のテーブルセッティング」にて解説しています。

今では、甘いものは、普通に食べられますが、砂糖が大変貴重だった時代、お菓子には、いろいろな願いや祈りを込められていたのですね。


本日の季節の和菓子は、紫陽花、夏ミカン、水芭蕉。

ナハトマンのガラスの器に盛りました。

クロスは、フィンランドのリネン、ヨキピンペラヴァ。

和菓子のテーブルコーディネートにも洋の要素をいれて自由に楽しむのもありですね。

茶碗は陶芸家の富田啓之さん作。