blog

10月
26
青山の予約困難なイノヴェーテイブフレンチ、フロリレージュに行ってきました

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 昨日は、仲良し編集者の宮脇さんより教えていただいた予約困難なフレンチ、青山のフロリレージュに、素敵なお仲間といってきました。 お二人は、食空間コーディネート2級資格の課題が終わり、前祝いも兼ねて。 フレンチというよりイノベーティブ、 とっても素晴らしく、刺激を受ける楽しいお時間でした。 今までのフレンチの概念がくつがえされ、スタートから終わりま…

続きを読む


10月
24
私の好きな花ベスト5にはいるダリア、黒蝶

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 私の好きな花、ベスト5にはいるダリア、黒蝶。 本日のテーブルコーディネート撮影も無事終了。 8月から始まった撮影も終盤。 ほぼ毎週末あった撮影楽しかったので、終盤となると寂しさも。


10月
23
私の花選びにはあまり登場しないガーベラですが・・・・

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 好きな花はたくあるあるけど、あえて選ばない花は、ガーベラ。 テーブルコーディネートのイメージでカジュアルな場合などの時は、使いますが、、ビビッドな赤、黄色、ピンクは、その後あまり部屋に、置いておきたくない。 しかしこの大輪の大人ガーベラは、素敵! 今朝の花市場でお持ち帰り!


10月
20
スーパーのお菓子でも見た目可愛いスタイリングに。

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 おうちカフェ。 スーパーのお菓子で、ティータイム。 私あまりスーパーのスイーツを食べることがないのですが、(極力、ショートニングやトランスファットのはいっているものは、避けているため)先日のテーブルコーディネート撮影のティーのシーンで、ちょっとしたものがあったほうがよいかもとなり、急遽編集のMさんとSカメラマンがライフで、お菓子をセンス良くセレ…

続きを読む


10月
19
週明けの花生活空間

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 週明け、昨日の撮影で使った食器を全部片付けて、お花だけ飾って。 部屋のコーナーテーブルは、白の花器にグリーン&ブラックのお花をまとめました。 お部屋がすっきりすると気持ちも少しだけ軽くなります。 11月中旬には、夏から続いた撮影が、ひと段落するはず。 今年は、花生活空間の夏の恒例アウトレットセールができなかったので、11月後半、大アウトレットセ…

続きを読む


10月
18
終日のテーブルコーディネート撮影と撮影弁当

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 本日終日テーブルコーディネート撮影でした。 沢山のお花に囲まれてスタート。50本のバラ、他の花材をいれると100本以上。 実は香りが苦手なのてすが、自然のバラの香りはOK. 乗っているときは、休憩もいれずなので、お昼は夕方5時過ぎ。 日暮里エキュートのすし弁、11月までの秋の限定弁当だそうです。 美味しく完食しました。 この時間だと夕飯も兼ねる…

続きを読む


10月
17
日本橋兜町パティスリーeaseの焼き菓子でティータイム

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 おうちカフェ。 日本橋兜町パティスリーeaseの焼き菓子をいただきました。 上等な材料のお菓子は、リッチで美味しい! シャインマスカットパフェのグリーンと焼き菓子のチョコレート色がフラワーアレンジメントともマッチ。 それにしても黒色カラー、カントールと紫陽花、エメラルドグリーンは、長持ち! サンデリアーナは、お正月から。根っこも生えて、我が家の…

続きを読む


10月
16
花市場で花の仕入

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 本日も、朝早くから花市場で花の仕入。 可愛子ちゃんたちの水揚げ作業がおわり、週末のテーブルコーディネート撮影に向けて出番待ち。 今回は、お花を沢山使って華やかにするつもり。 発表が来年春なので、秋のお花目に入りながら、今回は封印(笑) フローラルフォームは、花生活空間は、いつもオアシス黒箱です。


10月
15
リフォーム工事中の期間は、ステイホーム期間。柿パフェでおやつ時間

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 おうちカフェ、本日のおやつ。柿丸ごとミニパフェと埼玉の銘菓、十万石のお饅頭。 柿は、完熟より、シャキシャキ固めが好み。 我が家のリフォーム、当初の予定より大掛かりな工事となってしまい、アワワ、 工事期間は、ステイホームなので、おやつ時間は楽しみ。


10月
13
七十二候の「菊花開く」きくのはなひらくの候,和食器で季節を楽しむ

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。 七十二侯の菊花開(きくのはなひらく)侯となりました。 ひと月遅れで迎える旧暦の9月9日の重陽の節句は、ちょうど菊の花の盛りの頃です。 和食器で菊尽くしを楽しむのも一興。 先付けは、菊の葉の形の清水焼。はんぺんを菊の型抜きで。中にチーズや海苔をはさんでも美味しいのですが、ちょっと手抜き。 時代物の輪島塗りの煮物椀の見返しは見事な菊の蒔絵か…

続きを読む