No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

おうちカフェ。

今日のティーブレイクは、ベトナムで求めた茶器に中国茶と北海道マルセイバターサンド。

手前の報告書は、昨年88歳で他界した父が、1970年に視察で訪れた米国の住宅産業の報告書。

17日間の行程て、サンフランシスコ、ロス、シカゴ、ニュージャージー、ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、ハワイと周り、当時の米国の不動産経営について視察し、その後の父の不動産開発事業に大きく影響を与えたと思います。

昨年は、コロナもありなかなか実家に行けず、私自身も仕事が詰まっていて、やっとひと段落でき、今日行くねというタイミングでお迎えが来てしまいました。

テーブルコーディネートなんて仕事になるのか?といつも言われていましたし、とても自慢の娘ではなかったとおもいますが、私の生き方を理解してくれたのは、父でした。

学生のときの留学経験や、海外での生活、結婚してからも夫をおいて、花の留学も父は、応援してくれたいたと思います。

経済的、精神的、時間的に自立した生き方ができているのは、経営者としての父の姿があったからかなと思います。

20日の父の日に私の手元に届いた父の報告書に感慨深いものがあります。