No Tags | blog · topics

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

本日は、梅雨の中の貴重な晴れ間でしたが、日差しが強くて、夏到来という感じでしたね。

初夏の和モダンテーブルコーディネートのご紹介です。

一皿ずつサービスするスタイルも素敵ですが、招く側も中座することなく、会話を楽しみ、お食事を楽しみたいですよね。

そんな時に便利なのは、和モダンテーブルコーディネートでオススメしたいのは、重箱や切溜です。

特に切溜は、収納時コンパクトに収まるので、私は、気軽な集まりの時によく使います。

お料理を前もって詰めておけばいいし、料理が乾く心配もありません。

中央に紀州漆器の切溜を置き、白の折敷に、ブルーの有田焼の大皿をセッティング。

前菜は、切子に京都スープの「京野菜スープ」の堀川ごぼうのスープ。

堀川ごぼうのスープ1パックで、切子4杯タップリ取れました。

和食にもとてもあいます。

磁器の蓋物には、温泉卵。

スガハラガラスのアミューズスプーンには、蛸ときゅうり、ワカメの酢の物。

そのあとは、お料理は、切溜に詰め、取り分けていただきます。

デザート用の、クリストフルのムードパーティーのカトラリーも予めセットアップ。

庭から摘んだ紫陽花を添えて、ブルー&ホワイトの爽やかなテーブルコーディネートです。