No Tags | blog · topics

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

昨日に続き、とても感動した青山のイノベーティブフレンチ、フロリレージュのお料理アップいたしますね。

食空間プロデュースのお仕事を長年しているので、器もだいたい、どちらのブランド、メーカーとわかるのですが、フロリレージュでは、和食器もたくさん使われていました。

最近のトレンドとしましては、洋食器だけでなく、日本の有田焼ほか各産地の作り手のお皿をオリジナルで、供するところも多いですね。

茄子の次のコースは、椎茸とバッカスチーズ。

私たちは、+2,500円でおすすめのホワイトトリュフをいただきました。

ホワイトトリュフは、時に、キロ80万円もするという高級品。 

とても贅沢な香りとともに楽しませていただきました。

器は、山中塗。

ソースを注いていただき、さらに香りが広がります。

洋食器は、皿を持ち上げることはありませんが、和食器は、つい手に持ちたくなります。

こういう場合は、マナー的にどうかな・・・・・と思いつつ。(笑)

サスティナビリティー、牛

色彩豊かな一皿。お肉もこういういただき方があるのかと感動のお味でした。

次は、秋刀魚

なんともおしゃれな一皿。

器のこといろいろ語り出したら、終わらなくなりそうですので、本日は、ここまで。