No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

器記念日!

ちょうど一年前、金沢の古美術商で出会ってしまった時代物の煮物椀。

一見普通の黒塗りの煮物椀なのですが、見返し、見込みが、見事な蒔絵の江戸期の輪島塗り。

塗りの厚みも現代ものとは違います。

骨董品は、まさに一期一会。

次がないので、直感を信じて欲しいと思ったら、後悔がないように即決。

大事に使っています。
折敷は、島安汎工芸製作所。

プレートは、有田、百田陶園のパレスプレートと合わせて。

ブリッジランナーは、フィンランドのリネン、ヨキピンペラヴァ