No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

本日、5月2日は、立春から数えて88日目にあたり、八十八夜です。「米」という漢字を分解すると八十八になることや、「八十八夜の別れ霜」といわれるように、この頃から霜が降りることもなくなり、農業に携わる人たちにとっては大変重要な日とされてきました。
お茶の産地では、茶摘みが始まります。八十八夜のお茶を飲むと長生きするといる言い伝えもあります。

0021446a
新茶が出始め、なんといっても新茶のいい香りはたまりません。

本日の打ち合わせにも上等な新茶をおだししていましたが、皆様気づかれていたかしら?(笑)新企画に盛り上がって、議論に白熱していたし・・・・

新茶は、生茶なので、水分が多く、フレッシュな香りです。そのため、あまり長く保存できませんので、私は50グラムずつ購入するようにしています。

そして購入する前に、試飲をさせていただき、気に入った茶葉を買うようにしています。

茶葉によって、適温のお湯の温度も違いますので、お店の方に美味しい淹れ方を伺うのもよいですね。

明日からのGW後半戦、どうぞよいお時間をお過ごしくださいませ。

写真:誠文堂新光社 浜裕子著 「お茶と和菓子のテーブルセッティング」掲載
撮影:日下部 健史