No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

今日は、3月31日、年度末、皆様にとって2018年度は、いかがでしたでしょうか?

今期は、2018年度駆け込み需要などはなく、まあ、穏やかな週末を過ごせました。

明日、4月1日から新年度、春の講座もスタートいたしますし、仕事で、初々しいフレッシュマンもたくさんおみかけすることと思います。

桜が満開のこの週末、花冷えではありますが、お花見をされた方も多かったことと思います。

この桜花の季節にぴったりの和食器をご紹介いたします。

輪島塗の桜の蒔絵の吸物椀。

桜の蒔絵の紀州塗の折敷です。

小向付と小鉢は、清水焼。

昨年、誠文堂新光社から出版の「和食器でしつらえるふたりごはんのテーブルコーディネート」でも紹介させていただきましたが、我が家の春の食卓によく登場します。

私、食器は、持つではなくて、実際に使って楽したい派ですので、やはり和食器は、季節限定で楽しめるものが、食卓が豊かになる感じがいたします。

本に掲載されているテーブルコーディネートも、書籍のために作っているものでなく、実際、普段の生活の中のテーブルコーディネートの延長にあります。

撮影: 宗野歩