No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

金沢では、素敵な骨董品とも出会いもありました。

今回は、お買い物を目的にしていなかったのですが、器との出会いは、一期一会。

とくに、時代ものの骨董品は、即決しないとなのです。

ふと茶道具に惹かれて立ち寄った、古美術商。 

お店の方も 冷やかし半分の観光客と思ったのか、あっさりとしたご対応。

しかし私にとっては、宝の山。 買いたいものがたくさん。しかし、お約束の時間もせまっているし、大荷物で伺うわけにはいかず、夕方また来ますと告げ、夕方また再訪。

お話をしているうちに、私の器愛が伝わったのか、店頭にはなかった奥からだしていただいたのが、江戸期の輪島塗の煮物椀。

見込みと見返しに見事は蒔絵が施されています。 江戸期に作られた蒔絵と塗は、近代ものもより、塗がしっかりしていて、拭き上げるとそれは、美しい光沢でした。

見返しは、絵がわり。

今では珍しい輪島塗の青漆の吸物椀も購入。これは明治期のものだそうです。

それから 錫の茶托。これも明治期

時代物の輪島塗の茶杓

昭和のものですが、向付。

九谷焼の一輪挿しをお買い上げ。

良いお買い物ができました。

若い頃は、骨董品には、ぜんぜん興味がありませんでしたし、その良さが、わかりませんでしたが、最近は、時代を経ても美しいなと思うもので暮しを楽しみたいと思うこの頃です。