No Tags | blog

フラワー&空間コーディネーターの浜裕子です。

なかなかアップができないでいた金沢紀行ですが、 先日は、東山のおすすめショップを2店ほどご紹介させていただきました。

そちらの記事は、http://ameblo.jp/hanakukan/entry-12056377762.html

今日は、金沢紀行2をお届けいたします。

東山をあとにして、私たちが向かったのは、輪島キリモトさんの金沢店。http://kirimoto.net/ 水曜日は、金沢は、定休日のところが多いのですが、私たちのために、代表の桐本泰一さまが、輪島からお越しくださり、お店をあけて、漆についてお話くださいました。

木箱の紙芝居!  懐かしい~ 最近は、パワーポイントなどを使ってが多いので、このレトロ感も素敵!

紙芝居で、輪島塗、そして輪島キリモトさんの取り組みを 丁寧にわかりやすく、熱く、ご教授いただきました。

有意義なお時間でした。

白手袋で、うやうやしく飾る器ではなく、実際に使って、料理を盛って・・・にこだわって、モノづくりをされていらっしゃる桐本さん、お話から本当に、漆を愛し、輪島塗を愛していらしゃることが伝わりました。キリモトさんのお話の内容は、月刊「フローリスト」10月号にまとめますね。

デザインも素敵で、欲しいものがまた増えてしまいました。 皆様もそれは同じだったようです。

実は、6月に訪れた時に、私、購入したものがあるのです。 それはこの秋、発刊される浜の新刊でも登場しておりますので、どれか
探してみてくださいね。 ヒント お月見のときも素敵!

たくさん一生懸命働いて、次に購入するものも、心に決めているものがあるのです(笑)

何日分、いえ何十日分、働かなくてはいけないかしら?   自分へのご褒美をはげみに頑張りましょう。

自分へのご褒美は、器になっているなんて、もはや私も器病です(笑)

DSC_7756a

キリモトさんとツーショット