No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

今朝アップいたしました作品展のレポート記事http://ameblo.jp/hanakukan/entry-12156460556.html  につづきまして、いよいよ花生活空間の卒業生お三方の作品です。

多くの活躍中のテーブルコーディネーター、サロンマダムを輩出している花生活空間ですが、今回は、東京ドームテーブルウエアフェスティバル入賞常連組のお三方に、招待出展として、声をかけさせていただきました。

7776a

横浜で、花とテーブルコーディネート教室を主催されている島津まどかさんの作品です。横浜西洋館での装飾でもおなじみですね。

格調高いテーブル、気持ちも晴れやかにキリリといたします。

「色あでやかに和モダンで新年を迎える」です。

7745a

つづいて静岡からご出展の宮本幸子さん、「秋も深まり紅葉黄ばむ頃」です。

木工技術も素晴らしくて、折敷、花器など、宮本さんのお手製。東京ドーム、テーブルウエアフェスティバルのブースでも、サイドテーブルや、ラックなど家具などもオリジナルで作ってしまわれる素晴らしさ。

かわいらしいお嬢様は、お母様の作品だけでなく、花生活空間の受付などお手伝いくださいました。

7759a

今年2016年のドーム 審査員賞ご受賞の小磯一枝さん、「HANABI ~真夏の夜の夢~」グロリオサリリーが印象的なテーブルですね。

卒業生の方たちは、私のアドバイスは、いっさいなしで、花生活空間からのアイテムの貸し出しもなくても余裕で、完成度の高い作品が作れること、さすがでございます。

パーティーの浜のライブデモンストレーションテーブルでは、ご協賛企業さまの商品の開梱から、梱包まで、おまかせできる頼もしいお仲間です。