No Tags | blog

フラワー&空間コーディネーターの浜裕子です。

先日開催いたしました花生活空間の代官山ヒルサイドテラスにての作品展&パーティー。

パーティーの目玉は、浜裕子のライブテーブルコーディネートデモンストレーション だったかと思うのですが。

その時に使用させていただいた浜裕子のイチオシ、おすすめアイテムをご紹介させていただきたいと思います。

作品展中は、それらのお器たちは、ディスプレイの状態。

7894a

そのディスプレイを担当してくださったのは、たくさん排出している花生活空間の卒業生の中でも今回出展を3人だけお声をかけさせていただいた小磯一枝さん、島津まどかさん、宮本幸子さん。

その3人は、同期で、東京ドームテーブルウエアフェスティバル入選、常連組。

当日の軽い打ち合わせだけで、開梱からディスプレイ、梱包まで 安心してお任せできる頼もしいお3人です。

今回、浜裕子が ビビビときたトレンドのテーブルコーディネートには、おすすめのアイテムをセレクトしました。

7890a

私の一目ぼれといっても過言ではないkisen さまの酒カップ  http://www.kisen.jp.net/

こちらのシリーズは、誠文堂新光社から出版された「和食器のきほん」でも 掲載させていただいております。

ディナーテーブルを ブルーのアクセントカラーにコーディネートいたしましたので、酒カップの下の金属の部分も青を選びました。

7884a

新潟の株式会社 大橋洋食器さま(創業130年の老舗)の グラスと真鍮を合わせたシャンパングラス
http://ohashi-web.co.jp/ohashi/

桐のお箱等も ご協力いただきました。

個人的に、私泡が好きですので、おのずとシャンパングラス コレクターです。

7874a

栃木のミランダスタイルさまの日光杉の酒器と 組子、 杉板。http://miranda-style.com/jp/

こちらのアイテムも 皆様 欲しい~との声が・・・・

10年前の私でしたら 木を使うなんて考えらえなかったと思います。

クールでスタイリッシュ、シンプルが浜裕子の指向、素材もアクリル、ステンレス 木製のものは、漆のものといったものを選んでおりました。

しかし、時代やトレンドから 最近は、積極的に木製、自然素材のものを とりいれ、それが心地よく感じるのです。

ご協賛くださった kisen  大橋洋食器、ミランダスタイルの3社の商品と浜の私物を使いながら ディスプレイから パーティーでは、酒席のセッティングにライブでコーディネートいたしました。

アフターディナーの 酒席のコーディネートは、 次にご紹介したいと思います。

撮影:日下部 健史