No Tags | blog · topics

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

昨年2回ほどセミナーをさせていただきましたフードグラフィックデザイン会社Hirasawa様のクリエイティブ ディレクターの篠田さまより、東京ドーム、テーブルウエアフェスティバルのアリーナステージでの様子の写真をお送りいただきました。

あの悪天候のなかお運びくださり、感度の高い篠田さまの目で、お写真もたくさん撮っていただき、お心が嬉しくて!!!  感謝でいっぱいです。

アリーナから 私の仕事道具についてお話させていただきますね。

私が仕事の時、バッグにいれているものとして、まず、メジャー、そして、写真でもおわかりのように白の手袋。

自分の食器の場合は、素手ですが、アリーナステージでのアイテムは、ほとんど協力で、お借りしているものですし、漆などは、指紋がつかないようにするためです。

手に持っているものは、輪島塗の中門漆器の色漆。 きれいなお色ですよね。

ピンクと赤と 色違いでおみせいたしました。

木曽の本山漆器のお重もスタイリッシュで、素敵! お重は、お正月のイメージが強いかと思いますが、ホームパーティーや、おもてなしの席で、料理を重ねて保管できるし、食材が乾かないし、とっても便利ですよ。

「漆器のあるテーブルセッティング」を出すぐらい漆大好きですので、 輪島塗、山中塗、木曽漆器と 異なる産地から選び、洋食器とあわせて現代風な使い方ができる格上げテーブルコーディネート術をご紹介させていただきました。