No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

7月3日(日)名古屋、ノリタケの森にてのセミナーのあと、岐阜まで足を延ばしました。

IMG_0121鵜飼吉村写真4

目的は、長良川の鵜飼を体験すること。 岐阜で、お料理とテーブルの教室を主宰されている花生活空間の生徒さま、吉村悦子さんが企画してくださり、実現しました。

FullSizeRender鵜飼2

舞子さんや、ほうがんさんもおよびして、50人乗りの舟をチャーターして、大がかりな企画となりました。

IMG_0098鵜飼吉村写真

花柳界のお遊びも初体験でございました。

5IMG_0125鵜飼吉村写真

長良川の鵜飼は、夏の風物詩として1300年以 上の歴史があるようで、日本で唯一皇室御用の鵜飼であり、長良川の鵜匠は職名を宮内庁式部職鵜匠といい、長良川の鵜飼用具一式は国の重要有形民俗文化財、長良川鵜飼漁法は岐阜県指定重要無形民俗文化財にもなっているそうです。鵜匠は、世襲制だそうです。

岐阜駅についたらバケツをひっくりかえしたような大雨でしたが、舟遊びの中頃には、雨も上がり、きれいな虹もでました。

伝統装束に身を包んだ鵜匠が「ほうほう」と声 をかけながら鵜を自在にあやつって鮎を狩る風景は、幽玄の世
界で、燃え盛る篝火にまるでタイムスリップしたかのような非日常の世界でした。

FullSizeRender鵜飼4

初々しい舞子さん、美しい所作のほうがんさん、うっとりしながら、おもてなしの学びもいただきました。

IMG_0107鵜飼吉村写真3

IMG_0106鵜飼吉村写真2

悦子さんには、花柳界の方たちをお呼びいただき、またお弁当は、フレンチのシェフにお願いしたようで、すべてがスペシャルな特製仕立てで、おもてなしくださいましたこと、感謝でいっぱいでございます。

名古屋、岐阜に住まわれてても鵜飼の経験は、ないかたのほうが多いかと思いますが、一見の価値ありでございます。