No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

今週は、週明けは、終日の会議、翌日は、花生活空間のアトリエの庭の工事、それに伴い、庭の後片付け、ゲラのチェック、取材の対応などで、1週間があっという間でした。

行楽に行くわけではなかったのですが、ランチをはさんでのミーティングもありましたので、子供たちのお弁当と一緒に私のお弁当も作りました。

中身は、いたって普通、いつも10分ぐらいで、素早く作ります。

私のお弁当箱は、伝統的工芸品、大館の曲げわっぱです。

柾目がきれいで、小判型が多い曲げわっぱですが、そら豆の形の曲線も気に入っています。

軽くて、2段弁当は、ちょっと多いので、1段で使いますが、上段も下段も蓋がぴったとはまる優れものです。すごい匠の技です。

持つなら安心安全な良いものそして、実用的であるとともに美しいものを持ちたいですね。

子どもたちは、それぞれ好きなキャラクターのお弁当箱を使っていますが、やはり、伝統的工芸品を持ちたいとの願望がめばえたようで、
テーブルコーディネーターの母として、その時を待っていましたとばかりに、嬉しい気持ちです。

食空間プロデューサーとして、次世代に伝えたいものたくさんあるし、その活動もしているけれど、子供たちにもしっかり伝えていけたらと願います。