No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

はや、7月も下旬、七夕月もあっという間でした。

7月は、文月、七夕月とも呼ばれ、どちらも七夕に由来するもの。

七夕の行事食にそうめんがありますが、 七夕にかぎらす、ガラス器を使って、涼やかな食卓にしたくなりますよね。

今月は、西日本の豪雨、猛暑、異常なくらいの暑さでしたね。 ちょうど今月は、私が担当させていただいている生徒さまたちの食空間コーディネーター2級資格の課題提出が、重なり、レッスン以外の時間で、レポートをじっくり拝見する時間が必要ですので、かなり引きこもり状態で、お仕事をさせていただきました。 食空間コーディネート協会の認定講師の仕事のひとつに、食空間コーディネーター2級資格の実技指導があります。 筆記試験に合格されて、実技指導を受けて、課題を提出して、審議委員の先生より審査をうけ、基準に合格して、初めて2級を手にする形となります。

花生活空間に、通ってくださる生徒さまたちは、皆様学びに、とても熱心で、テーブルコーディネートだけでなく、ほかにもスペシャルな技術を習得していらしたり、本当にすごいなと思います。

花生活空間の仕事は、認定講師の仕事だけでなく多岐にわたりますが、やはり時代とともに、マーケットの動向にも敏感に対応、進化して、求められるコーディネート力を提案・追及していきたいと思っております。

写真は、 誠文堂新光社 浜裕子著 「和食器でしつらえるふたりごはんのテーブルコーディネート」
撮影: 宗野 歩