No Tags | blog

食空間プロデュース会社、花生活空間代表の浜裕子です。

お正月のおせち料理や、お雑煮の準備、お買い物は、もうお済でしょうか?

スーパーでは、おせち料理用の食材が立ち並び、これだけ多様化している今日でも、お正月の過ごし方は、日本人にとっては、はずせないものがあるようですね。

昨日は、お正月のテーブルコーディネートレッスンでしたので、お正月の意味や、おせち料理についてもお話をいたしました。

やはり知っておくと、なるほどと思う先人たちの知恵や願いがこめられいることに気づき、さらに感謝の気持ちが強くなります。

地域によってお雑煮も違いますし、祝い方も少々異なるところもありますが・・・・

地域性でおもしらいなと思っていることは、大晦日の料理について。

私の世田谷の実家では、紅白歌合戦もみながら、おせち料理の食材もいただきながら、年越しそばをいただいていましたが、お嫁にきてビックリしたのは、 ここ足立区では、31日に、すきやきを食べる習慣があること。 スーパーでもすき焼き用の牛肉がたくさん売られています。

同じ東京でも、地域によって食文化の違いやギャップがあるのですから、地方にいけばなおさらですね。

だから面白いものがあります。